英文添削サイトの使い方 おすすめはアイディー

英文添削サイトの使い方 おすすめはアイディー

アイディ

貿易関連の仕事をしているため海外の取引先とは、普段はメールでやり取りをしています。たまにスカイプを使ってチャットしたり通話をすることもあります。LINEは、海外ではマイナーなのか取引先とは使ったことはありません。

 

英語が話せれば、英文も書ける。英文が書ければ英語が話せると思われがちですが、英語を話せるが英文を書くのが苦手な人もいますし、その逆もいます。

 

英文を書くのが苦手な場合は、自分の文法が表現が正しいのかが不安だったり、上司に毎回自分が書いた英文をダメだしされ、苦手意識が出ているかもしれません。

 

ただ、私の取引先であるヨーロッパ圏やアジア圏などの取引先の英文のメールは、結構めちゃくちゃです。彼らは普通に英語を話せますが、受信する英文メールは文法もかなり間違っていますが、書いてあることが理解できればOKの認識でいると思います。

 

私は貿易部に異動し、英文を書くのは慣れが必要でしたが、ビジネス英文の本で使われている表現や英文添削サイトを利用し、現在は普通に書けるようになりました。

 

英文添削サイトは、アイディーなどの専門サイトもありますが、オンライン英会話でもビジネスコースなら添削してくれるスクールもあります。私は、アイディーという英文添削サイトを利用し、英文を校正してもらったり、以前作った英語サイトの文章も添削してもらい助かりました。

 

英文添削後の講師の解説もわかりやすいので、おすすめです。講師は、日本人とネイティブが選べます。日本語の解説が必要なら日本人講師、英文の解説でもよければ、ネイティブに添削を依頼できます。